感情を捨てる

そこに感情があるから、なかなか成果に至らないということを懸念するべきです。デイトレードで利益を作ろうという気持ちが常に、初心者でなくても起こるものです。利益が出ているのなら、まだまだこの先、値上がりするのでは……という欲求も誰にだって出て来てしまうものです。

その逆もあり、含み損を抱えているときには、そのうちすぐに回復するだろうと誰もが考えて、損切りができなくなったりしてしまうことになります。
結果、欲望に負けて、株に負けるという感じでしょうか。

人間って、そもそも、そのような存在であると考えた方が良いです。だから、人間の欲求をどのようなして排除出来るか考えた結果、作られたシステムが、システムトレードということになります。システムトレードにおいては、あらかじめ作られた、決めた法則を絶対に守るということです。

初心者の人たち、オンライントレードで、デイトレード、そして、システムトレードなんて、恐れ多くて出来ないというイメージがない訳ではありません。しかし、インターネットだからこそ、はじめての人たちでもそのような方法まで簡単に至ることが出来るようになりました。インターネットが登場して株トレードも改革が起こったのです。
また、初心者は講座などからを株のトレードについて学んでみるのもいいでしょう。今回はシステムトレードについて紹介してきましたが、株のトレーダーの数だけ独自の理論・手法があります。様々なトレード方法を精査して自分にあったやり方を見つけましょう。